Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

韓国在住のアラフォー九州男児 竜虎豚がお届けする男のための韓国エンタメ情報ブログ『Men's Korea』。韓国美女、映画、音楽、料理などフレッシュでニッチな韓国情報をガンガン発信!

older | 1 | .... | 9 | 10 | (Page 11) | 12 | 13 | .... | 73 | newer

    0 0

    韓国映画『バンガ?バンガ!』(2010/110分)
    監督: ユク・サンヒョ
    出演: キム・イングォン、キム・ジョンテ、シン・ヒョンビン、パン・デハン


    韓国版を鑑賞。
    この映画を教えてくれた よんきびさん、ありがとうございます。
    よんきびさんのこの映画のレビューはこちら
    http://ameblo.jp/oniku-sanne/entry-11474971662.html


    <あらすじ>
    就職に悉く失敗したテシクは、生まれながらのエキゾチックな顔立ちをいかして、自らをブータン人「パンガ」と偽り椅子工場に就職する。
    そこには韓国人従業員との明らかな待遇の差別のなかで、懸命に働く外国人たちの姿があった。
    テシクが居候をしているカラオケボックスでは、故郷の友人である経営者ヨンチョル(キム・ジョンテ)が経営難から店を売りに出していた。
    居場所がなくなることをおそれたテシクは外国人たちをお客としてつれてこようと、あの手この手で同僚たちと親しくなろうとする。
    親密になったベトナム人女性チャンミは、テシクに「私は息子を韓国籍にするために韓国人と結婚しなきゃならないの」と告げる。自分が韓国人であることを告白しようとするテシクだがうまくいかない。そんな折ヨンチョルのカラオケボックスに買い手がつき・・・


    <感想>
    韓国が抱える外国人問題に切り込んだコメディ映画。

    単に仕事のために、一番ばれそうにないという理由でブータン人のふりをするだめ男をキム・イングォンが好演。

    韓国の工場にいくと実際にアジア系、イスラム系の外国人が労働の担い手になっている状況がある。そして小さい工場の多くでは人件費を最大限までおさえるため不法滞在者を使うケースも多いと聞く。もちろんそこにはお互い納得の上の関係があることは否定できないだろう。ただそこに韓国人にありがちな非常に排他的な差別意識が顔をだし、従業員が多くのストレスを感じていることは想像に難くない。
    そんな状況を本作ではコミカルに表現している。例えば工場長が口汚く罵り言葉を使って威圧することに対し、テシクが手ほどきしたさらに上級の罵り言葉でやり込めるシーンは大きな声で弱いものを威圧することに対する痛烈な批判でもある。



    !!!注意 これ以降ネタばれあり!!!



    ラストののど自慢のシーンは地味に見えるかもしれないが最大の見せ場になっている。韓国で外国人が集められればその趣旨は「韓国を好きと言ってね」という場合が殆ど。秋夕(韓国のお盆)や旧正月の特番、のど自慢の特番などには必ずといっていいほど韓服を来た外国人(とくに白人)が登場し、大袈裟な韓国語でじぶんがいかに韓国料理が好きか、韓国文化を愛するかを表現する。はっきり言って辟易して見ることもないのだが、韓国人はこれが大好き。
    劇中の同僚たちも韓国の有名な演歌「チャン・チャン・チャン」を準備していくが、結局歌うのはアルバイトリーダーの故郷の歌。ここでテシクが心から外国人を受け入れたことが表現され、韓国社会のもつ外国人への同調圧力への批判にもなっている。

    いい機会なのでもっというと、韓国人がある程度韓国語を喋り韓国文化を理解する外国人に言う言葉に'한국사람 다 됐네'というフレーズがある。意味は「すっかり韓国人になったね」。つまり外国人は韓国の文化を理解し、受け入れて当然という潜在意識がそこにある。韓国で生活する以上韓国人になってはじめて対等だと認められるのだ。それを言う人たちに悪意は全くない。だが悪意がないことがこの問題の根深さだと言える。そして韓国人が本当の意味で帰化者を含め外国系韓国人を自国民として認めるのかというと・・・私の少ない経験ではそう感じたことはまだない。

    テシクがチャンミをベトナム語の本名で呼ぶ場面も印象的だった。韓国人に「韓国名はないの?」と聞かれることが実際によくある。だからチャンミは韓国名を名乗っているのだ。話しはそれるけど、可笑しいのが韓国人が英会話教室にいくとぜんぜん関係の無い英語名(ナンシーとか)を自分でつけて喜んでいること・・・いろいろ根が深いね。

    一応フォローとして、数年前から韓国では在住外国人家庭(多文化家庭)に対して、かなりの予算を組んで様々な補助等の優遇策をとっていて、韓国人からは「逆差別だ」との声も上がるほど。もちろん不法滞在者には関係が無いし、あくまで制度上の策であって一般的な意識の変化に繋がるものではないけどね。

    異文化理解は簡単なことではなく、日本でも同様の問題はは少なからずあると思う。自分のとなりに外国人が住んでいるとしたらどう接するか、この映画はヒントを与えてくれると思う。

    同じく韓国にすむ外国人として思わず硬い内容になっちゃったけど、映画はコメディとしてとても面白い。
    ヒロイン役を演じるのは本作がデビューとなる韓国人女優シン・ヒョンビン。ベトナム語が上手いのかどうかはわからないけど外国人役を違和感なく演じ、とても魅力的だった。一目惚れ! あらすじで書いたテシクと結婚の話をするシーンはとても切ない名シーン。
    外国人キャストもみないい演技をしていた。彼らは実際とても韓国語がうまいので途中で簡単な単語がわからないシーンはちょっと違和感があったけど。

    異文化ギャップコメディのポイントをしっかり押さえてあって笑えるし、差別意識を誠実に見据えた上でつくられているので深みがある佳作。
    日本でもDVDが出ているようなのでもし見かけたら気軽に見ていただきたい。


    ★★★★☆

    0 0

    アフタースクールの幻のメンバー、ソン・ダンビの最新デジタルシングル Red Candle。


    ラテンギター(ボサノバ→フラメンコ)の響きとセクシーな歌声、せつない歌詞が合っていて、なかなかいいね。

    出来ればPVは本人のダンスで見せてほしかった。コンテンポラリーダンスはよくわからない・・・

    SON DAMBI/Red Candle
    http://youtu.be/6CtyykwZ_oI

    0 0

    TC Candlerがなにかはよく分からないけど、われらがナナちゃん

    The Most Beautiful Faces of 2013 

    なるランキングの2位に選ばれたそうな。


    どこのおっさんの趣味かは知らないけど、気が合うね~。

    ちなみにアジア系だけ抜き出してみたよ。


    99位 上戸綾
    94位 ウリ(レインボー)
    86位 ファン・ビンビン(女優/中国)
    82位 イヨン(アフタースクール)
    80位 ビクトリア・ソン(歌手/中国)
    75位 ジェギョン(レインボー)
    71位 ユナ(少女時代)
    66位 スヨン(少女時代)
    64位 リジ(アフタースクール)

    60位 浜崎あゆみ????
    56位 島崎はるか(AKB?)

    50位 リュー・イーフェイ(女優・歌手/中国)
    46位 キリタニ ミレイ(女優?)
    43位 チョン・ジヒョン
    41位 佐々木のぞみ
    39位 IU
    34位 コ・アラ(女優)

    32位 石原さとみ
    30位 ジュージュー(VJ・女優・歌手/中国)
    24位 ソン・ヘギョ
    20位 ジェシカ(少女時代)
    14位 ペ・スジ(miss A)
    9位 テヨン(少女時代)


    ホームページ
    http://independentcritics.com/

    動画
    http://youtu.be/IdMa692o0AQ

    0 0

    どうも。

    以前紹介した『鳥のように』のピョン・ジンソプが、新人ガールズグループQueen B'Zとコラボ。

    ヒット曲『希望事項』(1989)
    男が「こんな彼女が良いなぁ」と希望事項をぐだぐだ言ってると、女性に「私はそんな素晴らしい彼女に似合う彼氏がいいな」と言い返される、さだまさし的な曲。

    http://youtu.be/RtdWkVeQXOg





    Queen B'Z/BAD
    MVはヴァンパイア映画風で19禁。

    http://youtu.be/0PzMIU4FVcg





    でこれらが出会ってこうなった。
    Queen B'Zなかなかいいじゃん。

    2014希望事項
    http://youtu.be/A_2CaOLg3Pw

    0 0

    1月25日(土)の『7番房の奇跡』公開に続き

    一週間後の2月1日(土)公開の韓国映画、『新しき世界

    コリアン・ノワール史に名を残す傑作マフィア映画。

    主演のファン・ジョンミンは本作で青龍映画賞受賞。

    私の感想はこちら


    映画評論家・町山智浩さんのレビュー(音声のみ)があったのでご紹介。
    いきなり「マネ映画なんですよ」ってどうかと思うけど、日本のやくざ映画とからめた話は面白いね。

    !!!注意 さらっとネタばれしてます(本人たぶん気づいてない)!!!

    http://youtu.be/fVaqsgKgOEs

    0 0
  • 12/30/13--21:11: カンナム駅で昼飯



  • カンナム駅近く。
    バーで昼だけやってるランチ。(おかわり自由)
    5,000ウォン。

    今日は豚肉辛炒めとタラスープ。



    Android携帯からの投稿

    0 0




    自宅近くのオッパダクでミーティングしながらチキン。
    残りを土産に。

    仕事おさめ。



    Android携帯からの投稿


    0 0
  • 12/31/13--04:39: ペスジ美しすぎ


  • 現在放送中のKBS演技大賞のプレゼンテーターで出てきたペ・スジちゃん

    なんか最近やばいくらい綺麗になってきてない?

    それにしても、受賞の挨拶でスタッフの名前を呼びすぎ。義務化してる感じがする。
    必要ないね。

    0 0

    読者の皆さん、こんばんは。

    竜虎豚です。

    今年もあと1時間をきりました。

    春からはじめたこのブログも、多くの読者の皆様のおかげでここまで続けることが出来ました。

    ブログを通じてお会いできた方も多く、とても有意義でした。

    公私ともにかつてない多難な一年ではありましたが、韓国エンタメ情報をメインに発信することでひとつの精神安定剤のような役割も有ったような気がします。

    できるだけ続けたいと思いますので、来年もどうぞよろしくお願いします。

    韓国は除夜の鐘(一応ありますが)という雰囲気でもないし、皆様の来年のご健康とご活躍を祈って、景気づけの一曲をどっかーんと。

    チャイコフスキー/序曲1812
    http://youtu.be/-BbT0E990IQ


    0 0

    ずーーっとチャージ不足の心配なし!お得なキャンペーンも実施中!入会はこちら。

    0 0





    天馬のように皆様の健康運と金運がぐんぐん上がりますように。。。



    Android携帯からの投稿

    0 0

    新年一発目の韓国ガールズグループ情報は、やはりイチオシ、アフタースクールで。

    今月リリースの日本新曲Shh(シー)のMVがすんっばらしい。


    ▲ニューシングルShhは1月29日リリース


    ▲一人横を向いているのがリジちゃん。クールな感じがとても似合っている。

    メンバー全員モノクロのパンツスーツ姿というあまりに飾り気の無い衣装で、最初は「えっ・・・」という感じなんだけど・・・

    めちゃめちゃセクシー!!



    MVはメンバーの  と シルエット で巧みに構成されている。
    私のようにシルエットだけでもメンバーが誰か分かるファンにとって、最大限に堪能できる仕様になっている。
    (メンバーが分からない、という方は まずこちらを参照)


    ▲ドラマ『黄金の虹』主演中のユイちゃん(受賞おめでとう!)
    日本活動が出来ないことを予測してかほとんど見えない。ダンスも後ろのほうで、もし抜けても影響ないような扱い。


    ▲だが、ガウンちゃんがいる!
    ASの日本での活動状況はほとんど知らないんだけど、彼女は日本語がうまいので前のほうに出てきてるのかな?このMVでも大プッシュで出番が多い。

    イメージがちょっとかぶるユイちゃんの代役?いやいや、彼女なりの魅力が爆発。
    長身なのでモノクロのMVで非常に映えているし、表情もすばらしい。
    私のなかで彼女の株が爆上がり中。


    ▲長身といえば、われらがナナちゃん。
    何にもいえねぇ・・・・とにかく美しい。


    ▲カメラはほぼ固定で、光・影・シルエット・フラッシュで変化をつけている。

    ダンスは彼女たちにしては単純なほうだけど、光を使った効果と一緒になったときに美しく見えるように計算されている。もちろん音とも。

    おそらく準備時間は長くなかったと思うんだけど、それを補ううまい方法でもあるね。MVのなかで立ち位置を気にする様子がちょくちょく見えるのはご愛嬌ということで(←甘い)


    ▲右はイヨンちゃんで、左のシルエットはナナちゃん

    最大の見せ場は、中央部分だけ光があたり、メンバーのうち二人が出てくる部分。
    一人はシルエット、一人は顔が見える形で同じ振り付けを踊るので、シルエットのほうがもう一方の影のように見えるんだね。そして二人の位置が反転!
    すごいアイディア!

    他にも光の方向が変わる場面で、編集ではなくちゃんと光の切り替わりで転換をしていて、音と振り付けとのタイミングあわせるのは結構大変だったんじゃないかと。

    ▲もともと冷たい(爆)イメージのジュヨンちゃん。ソ・ジソプとの交際のうわさは本当なんだろうか?

    曲は前曲『Heaven』に続き大沢伸一が担当。UKハウスというジャンルになるらしいんだけど、余計な音をそぎ落としたクールな音が心地いい。曲だけだとおそらく退屈になると思うけど、メンバーの少し甘い歌声が乗ったときに歌詞もちゃんと聞こえてちょうどいい。
    歌の部分ではレイナちゃんの発音のよさが日本語でもしっかり発揮されて聞きやすいのがいいね。

    メンバーのクール&セクシーを表現するという目標のために、余分なものを排除した引き算の美学とも言えるこのMV。こんな風に魅せることができるグループって他にある?

    ぜひご覧あれ。(できれば大画面で)

    http://youtu.be/jzT-QIlhqY0

    0 0

    ずーーっとチャージ不足の心配なし!お得なキャンペーンも実施中!入会はこちら。

    0 0
  • 01/02/14--15:00: 自画像2014新春



  • ブタと私。

    小学校に上がったらブタちゃん卒業できるかな?


    Android携帯からの投稿

    0 0

    映画『エイリアン』で、シガニー・ウィーバー演じるリプリーが乗り込んだパワードスーツ「パワーローダー」。


    いかにも作業用然としたスーツでエイリアンを叩きのめすシーンは、子供時代の私の脳裏に深く刻まれ、いまでもこんなのを作ったりしちゃうわけで。

    動画
    http://youtu.be/FSrcMaid0mg


    よく見るとライトが外側じゃなくて操縦者側を照らしてるね。


    映画『エイリアン』公開の1979年から時は流れ、36年後の来年2015年に、このパワーローダーがいよいよ実際に販売される!


    パナソニックの子会社アクティブリンクが開発しているものを「量産化」するらしい。

    ソース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140102-00000006-fsi-bus_all

    うえの画像は試作品で、記事によると


    リチウムイオン電池を大型化して搭載し、モーターで動く。「つかむ」「はなす」といったアーム(腕)の操作は、使用者の手元にあるグリップで行う。

    100キロの重量物を持ち上げることができ、人間の小走り程度の最大時速8キロで走行、10度の勾配の坂を上れる試作品を製造することに成功した。

    年間1000体を生産し、価格は1着50万円程度を想定している。災害救助や原子力発電所内など短時間での作業が求められる現場での利用を見込んでいる。



    ということで、ほぼ映画のパワーローダーそのもの。発売時はそっくりになりそうだね。

    操縦者への負担がどれだけのものかちょっと心配にはなるものの・・・

    新年早々男心を揺さぶる熱いニュース!



    そういえば、災害時にどれだけ活用できるかを競うロボットコンテストで、日本のチームがぶっちぎりの成績で優勝したってニュースもあったね。

    関連ニュース
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131224-00010000-wired-sci&p=1

    この分野は日本再起への鍵となると思うし、アメリカとの競争はすでに熾烈みたいだね。

    頑張れ日本!

    0 0


    デビュー(当時10歳)となる イ・スンファン/花 のMV
    http://youtu.be/CyfhiLLO7IQ



    クォン・サンウ、チェ・ジウ主演のドラマ『天国の階段』でチェ・ジウ演じるヒロインの子ども時代を演じブレイク。

    親しみやすい美貌と安定した演技力でドラマ出演が多い若手トップクラスの女優。

    日本語だと名前がちょっとあれだけど、シンヘ が連音化すると シネ と発音されるんだね。

    去年ヒットしたドラマ『相続者たち』では、イ・ミノとともに主演し好評を得た。


    子役時代から練習を欠かさなかったのか才能があるのか、歌も踊りもいける。

    『相続者たち』OSTより Story
    http://youtu.be/Wvr4rG3SPhY



    少女時代/gee
    http://youtu.be/ge4wZJEQ0Iw



    ダンスは好きみたいで、いろんな番組で披露してるね。


    1月25日公開の映画『7番房の奇跡』では、娘イェスンの大人時代を演じ、出演時間は短いものの印象的な演技を見せている。



    スタイルもいい。



    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
    パク・シネ/박신혜
    1990年2月18日生れ
    身長168cm 体重45kg 
    出演:ドラマ『相続者たち』(2013)『美男ですね』(2009)『天国の階段』(2003)他多数
    映画『7号房の奇跡』(日本公開2014) 『シラノ;恋愛操作団』(2010)他
    大きくてもやさしげな目が印象的。主張しすぎない外見と演技で安心してみていられる。

    もっとシネちゃんの画像をみたい方は 
    こちら をクリック NAVER画像検索結果にジャンプします)
    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
    ★★★★★★★★

    韓国美人一覧はこちら
    http://ameblo.jp/horrangi/theme-10068269733.html


    0 0

    ずーーっとチャージ不足の心配なし!お得なキャンペーンも実施中!入会はこちら。

    0 0
  • 01/03/14--15:00: 瞬間記憶



  • 娘が、ラピュタの動画をちょっとだけ見て思い出して描いたシータ。


    Android携帯からの投稿

    0 0
  • 01/05/14--05:15: WANTED!!



  • スマホのデフォルトのエディターで
    切り抜き&GIFでアップロードできるんだね。
    有料の画像加工アプリの大半は実は必要ないな。

    Android携帯からの投稿


    0 0

    どうも。

    RAINBOWから、スピンオフユニット RAINBOW BLAXX(レインボーブラック)が、今月末デビューするそうな。


    Kstyleの記事(日本語)
    http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1985726


    コンセプトは「18禁」らしい。

    ということは当然彼女がでてくるわけで・・・




    最初に公開されたメンバーはジェギョンちゃん。

    うむ、よろしい(?)


    http://youtu.be/hIY22nPEaiY

older | 1 | .... | 9 | 10 | (Page 11) | 12 | 13 | .... | 73 | newer